会計士のリクルート活動

キャリア
Sponsored Link

あまり不正記事が続くのも、嫌なのでちょっと趣向を変えて。

●リクルート活動って

リクルート活動もそろそろ佳境を迎えているのでしょうか?(私は担当していないのでスケジュール感があまり分からないのですが。)

事務所に面接を受けにきている人を見たので年内なのかなと思います。

大手、中小、監査、コンサルなど色々な視点での考え方があると思いますが、他所が気になればそちらに移れば良いわけですから、あまり大きな意思決定と捉えなくても良いと思います。

 

●隣の芝は青く見える

なんとなく今になって思うことをつらつらと書いてみました。(私は入社以来、大規模の監査法人勤務です)

成長が早いのは、多分中小の方が成長は早いです。というのも同時に色々なjobを経験できるから。

大手で大クライアントに入ると、本当に一部分をみるだけになります。

2−3年ぐらいでインチャージをやらせてもらえる機会がある方が良いです。また、中小の方がパートナーとの距離も近いので、それもプラスです。おそらく、年次の近い人からのOJTより、年次が離れている人からのOJTの方が学習効果は高いです。

もちろん、大手でも、小さなクライアント中心にすれば、同じ環境は作れるかもしれませんが、監査一辺倒になりやすいので、中小の方が勝手が良いかも。色々な業務もあるでしょうし。また先輩のキャリアも多様なのでそれも参考になるかも。

 

中小で一度やってみて、より複雑や大規模な会社で試してみたい、ということであれば中小から大規模法人に移るというのもありだったかなと今になって思います。(私の同期にも中途の方がいますが優秀です)

 

●結局

どれが正解というものもないので、(補習所では同期でのポジショントークがあるかもしれませんが)自分の好きな所で頑張れば良いのではないですかね。この辺りって合格者に伝えてもやたらと正解を求めるので仕方がないのかもしれませんが。私は今の所後悔はないです。仕事は楽しいですし。ただ、色々なキャリアをみると目移りしてしまいますね。人に言える立場ではないです。いやはや。

キャリア
Sponsored Link
riopmwをフォローする
リーマン会計士のブログ

コメント