監査法人へのリクルート活動

キャリア
Sponsored Link

先週公認会計士試験を終えて、今週から監査法人の説明会が始まっているようです。
11月に合格発表ですが、その前にリクルート活動が始まります。

会計士はそれこそ働く場所や人を選ぶことができますが、自由度が高いからこそ迷い皆と同じ方向を選びがちです。既に自分でやりたいことがあれば、その方面の方に連絡をとり会うことをオススメします。

実際の仕事内容はネットでは十分に拾いきれないので、人に会うことが一番方向を決めるには良いです。リクルーターの方は将来の自分の理想像に近いわけですから、その方の特徴や考え方など諸々聞くことが大切ですよ。今みたいに採用の景気がいい時には監査法人に限らず色々な所に行った方が良いかも。

監査法人は業務内容はそれこそ似たり寄ったりですが、法人によりカラーがでますし、リクルーターもその法人のカラーに似た人がきます。リクルーターの人が合わない、説明会の雰囲気が何か合わないという直感は大切にした方が良いかと思います。

決めるにあたりいくつかポイントになるのは、、、(監査法人に限らず。)
●やりたいことは?
1決まってる
チェックする側→監査法人、作成する側→コンサル・事業会社
M&A先を見つけたり、実際にデューデリ、バリュエーションの計算をやりたいのであれば、コンサル系(はたまた銀行など)ですが、その結果を受けて財務諸表にどのように反映していくのか見たいのであれば監査法人になります。自分の興味がどのあたりにあるか整理した方が良いでしょうね。

2決まってないからとりあえず色々やりたい
大手より中小かも。大手だと部署が分かれているので部署移動も2−3年スパンでは?
色々やりたい(監査もアドバイザーも!)みたいな状態なら中小の方がフットワークは軽いはず。

●誰と仕事したいか?
色々な人と仕事したいのであれば、人・モノ・金が集まる大規模なところが良いでしょうね。

●どこでやりたいか?
色々な会社を比較しながらやりたい→監査法人、コンサル
特定の会社を自分の知識で変えたい→事業会社

モデルケースとして、特定の会社を自分の知識で色々と変えて行きたい!でも経理だけじゃなくて経営そのものをやってみたいなんて場合にはベンチャーなんかも面白いかもですね。給与などの待遇面は大手に比べると厳しい部分はあるかもしれませんが、毎日やる仕事が変わって面白いというのは聞いたことがあります。(監査法人で勤務してそれからベンチャーというパターンはあります。)

私は大規模監査法人しか分からないですが(あとは周りの人から教えてもらった話なんで誤解もあるかもしれませんが)参考にしてもらえれば。ホントはもう少し整理して書きたかったですが今後もモデルケースを紹介したいと思います。書いていく中で整理できる部分もあるでしょうから。

しかし、キャリアって難しいですね。。書いていて改めて思いました。

キャリア
Sponsored Link
riopmwをフォローする
リーマン会計士のブログ

コメント