会計士試験論文式終わったけど何してる?

公認会計士試験
スポンサーリンク

先週の論文式の解答が出ているかと思いましたが、全ての学校の解答例は出ていないようです。すでに解答を出しているところもありますが、肝心の問題が載っていないので、解答からなんとなく推測しなければなりませんでした。(途中で諦めました)

まだ全体的に見ていませんが、知人が受験しているので、日頃の答練などの内容を聞くと、私が合格した7−8年前と重要論点はそんなに変わっていないですね。(まだ覚えている自分にも安心しました)

昨今、会計基準の変更やら諸々出てきていますが、そんな最新論点が出るというよりも従来からの考え方を中心に聞いて、そこからどこが変わろうとしているのか?を尋ねる問題が一般的なのかなと思います。
(テストはいわゆる専門家としての基礎的な思考ができているかをはかる趣旨なので)
そこが分からず、最新論点の変更点だけを書いても厚みのある文章にはならないでしょうね。

今年の試験後、すでに勉強してしている人もいるかもしれませんので一言。
昔専門学校でたくさんの生徒を見ていたので、そこでの経験からすると、なかなか受からない人は基礎が抜けています。(私もなかなか受からなかったので毎年苦い思いをしていました)多分1次試験の問題を完璧にとくことはできないはずです。

ただ難しいのは、どの部分が基礎部分なのか当の本人が分かっていないんですよね。(合格すると基礎論点がなんとなく理解できますが。。)試験を受けて1回で合格する人もたくさんいますから、1回生の人が入れることができるキャパの基礎論点しかないはずなんです。

私は財務会計が苦手でしたが、合格年度、短答レベルの問題を計算は解いていました。結果、最後財務会計は安定した記憶がありますので、応用答練をなんども回すのではなく、基礎を理解するまでとく方が合格は近づくと思います。(私は応用答練は2回しか回せませんでした)

既に勉強している人は、この時期基礎を整理しておくことをオススメします。

コメント