会計士からみた銘柄の選び方

投資
スポンサーリンク

個別銘柄の選び方は皆さま方針があるかと思います。相場の流れから判断するテクニカルなのか?実際の企業の業績から判断するファンダメンタルなのか?

ちなみに業績がよければ株価が上がる、というわけではありません。厳密に言えば、業績が上がると、1株あたりの利益が増える→株価が動かなければ、株価収益率は低くなるので割安と判断される→みんなが買う→株価が上がる、、とこんな流れになります。

また株価は将来の業績を織り込んで形成されますから、ベンチャーなんか将来有望な企業はきっといまよりもっと儲かるという期待感から株価がむちゃくちゃ上がります。(そこから企業価値を継続して上げていくのが難しいわけですが)

ファンダメンタル、、という点でいくと、キャッシュ・フロー計算書を継続して見ていくやり方をお勧めします。この書類は、年間のお金の流れを、営業、投資、財務と3つの区分に分けて表示したものです。上場している会社は2Qと期末は少なくとも作成していますから(1Qと3Qは任意)見てみると良いと思います。

利益じゃなくてなんでキャッシュ・フローかというと、会社の恣意性が入りにくいから。利益はいつの時点で、いくらの取引を売上として計上するか会社の方針によって判断されます。これに対して、キャッシュ・フローは実際のお金の入出金の事実を元に集計するものなので、恣意性が入りにくいです。

例えば、いつ回収できるかよく分からない売上を立てたとしても、キャッシュ・フローでは何も認識しません。

一般的には、営業で稼いだお金がプラス(営業によりお金が増えた)、投資はマイナス(積極的に投資にお金を使っている=将来業績上がりそう!)、資金はマイナス(要は返済しているということ)だと良い流れと言われています。

営業がプラスというのは間違えないですが投資と資金は企業の事業戦略などによりマチマチですのであまりこだわる必要はないと思います。資金はプラスになっても将来の投資に充てようとしている可能性もありますし。市場規模が縮小している中設備投資するのは逆におかしいかもしれませんし。。

有価証券報告書の最初の方(あまり見ないと思いますが)に過去5年間の推移が記載されています。順調に伸びているようであれば、ビジネスとしてはうまくいっていると思います。(これが株価にすぐ結びつかないのが痛いところですが。。やはりみんなが注目しないと上がらないですね)

投資
スポンサーリンク
riopmwをフォローする
リーマン会計士のブログ

コメント